ビジネスに必須のスケジュール管理

仕事のできるビジネスマンのほとんどが、その日の分と半年程度先までのスケジュール管理を大切にしています。

仕事ができる人のほとんどが、仕事はスケジュールの管理と準備で8割が決まると言います。

朝起きて仕事を始める時と、仕事が終わって夜寝る前に、次の日の流れを確認するという習慣をつけています。

スケジュールは、手帳に手書きで書き込んで管理する方法が最善だと言われます。

タブレットやスマートフォンなどに入力し、toDoリストなどをアラームで教えてくれるツールはもちろんいいんですが、案外入力したことで忘れてしまうことも多いですから、まずは手帳に書き込み、寝る前に電子機器に確認しながら入力するのがいいでしょう。

朝と夜のスケジュールを確認するのは、多めに時間をとりましょう。
手帳をさっと見るだけではなく、ひとつひとつのイベントで何が行われるのかをイメージしながら、30分から1時間かけて確認していきます。コーヒーなどを飲みながら、リラックスして行うといいかもしれません。

手帳は気軽なものを選びましょう。

いちいちかばんの中から出して、開くのにも時間がかかって、というものでは、面倒になってやらなくなってしまいます。

長く続くもので、そして気軽に使えるもの。

そして適度な大きさのものにしましょう。

マイナビニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

気軽だからと言って小さすぎるものを選ぶと、使わなくなってしまうかもしれません。



スケジューリングの時間はビジネスにおいて最重要です。

営業で時間を守らない相手と契約はしません。



営業に行く前に先方について多少は調べる時間も必要です。

自分の一日のスケジュールを立て、時間を隅々まで活用することが重要です。