iPhoneXには新しい機能が搭載されています

iPhoneXとiPhoneシリーズと大きく変わったのが、今まで必ずあったiPhobeシリーズの象徴的なものであるホームボタンを廃止したことです。その代わりに有機ELを全面に搭載しているので、広い面積になり使いやすくなっています。



画面上部にはスピーカーやカメラなどの切り込みがあるのですが、それ以外はすべて表示領域になっていて、今まであったような液晶画面に表示されない部分が大幅に減りました。



ベゼルも小さくなっているので、大きな画面でも手で持ちやすくなってサイズも今までのiPhoneシリーズとそれほど変わっていません。

指紋による認証の代わりに、FaceIDと呼ばれる技術をして認証をし、iPhoneXの前面にあるカメラを利用して、使っている本人かを認証するシステムになって確認をします今までのようにケーブルを接続して充電をすることも可能なのですが、わざわざ接続をしなくてもワイヤレスの機器の上に置くだけで充電ができるようになっているので手間もありません。
iPhoneXではanimojiと呼ばれる新機能があり、カメラで写した自分の表情を画面に表示したキャラクターに反映させることが可能で、自分だけのanimojiを作ったり、動画としても残すことができるので、相手とのコミュニケーションをするときにも豊かな表現で伝えられます。背面には二つのカメラが搭載されているのでズームをしたり、一眼レフのように背景をぼかすためのポートレートモードもあります。