ビジネスにおけるスケジュール共有術

会社では同じ部署やチームの同僚内である程度スケジュールの共有は図っておきたいものです。

仕事の効率化につながり、ミスも減ります。


では、どのような方法があるのでしょうか。まず、もっとも手軽なものから挙げていきます。

インターネット上で行う方法です。

Googleをはじめとした様々な企業等がこのサービスを無料で行っています。利点は、インターネット環境があればどこからでも見ることができる点です。

外出先や自宅など不意にスケジュールを確認したくなる場面はあると思います。


そんなときにインターネット上で共有しておけばすぐにアクセスすることが可能です。



一方、問題点もいくつかあります。



インターネット環境が使えない場合もないとは言い切れません。

例えば電子端末の電池切れなどが想定されます。そういった場合に全てインターネットに依存していては一切何もできなくなってしまいます。
また、極稀ではありますが、第三者への流出や予期せぬデータの消失のリスクもあり、万全ではありません。そういった場合に備えて、形のある状態でスケジュールを残しておくのがよいでしょう。


もっともオーソドックスなのがオフィスのホワイトボードで共有する方法です。

部外者を中に入れる場合でも社員だけにしかわからない記号等を併用することで情報の流出を防ぐことができます。

ここに挙げたのは最も基本的な事項にとどまっています。

今年、最も指示を集めた人力検索はてなの詳細についてはこちらです。

しかし、この基本をしっかりと抑えることで不測の事態の発生を抑えることができるはずです。

基本をしっかりと守り、効率的なビジネスライフを送ってください。