iPhoneXではスマートフォンカバーが重要

iPhoneXは他の一連のシリーズと比べて違う点がいくつもあります。

特に背面にガラスが使われているのは明らかな違いです。

今まではアルミだったため、滑りやすいというのはありませんでした。

iPhoneXではガラスになったことから、濡れやすい手で触ってしまってうっかり滑らしたということもよくあります。

iPhoneXを直接使用する際にはそうした危険性があることを認識しないといけません。


そのため、多くの人はスマートフォンカバーをつけて利用する人がほとんどです。



実際に購入する際は製品の特性を知った上で選ぶことが求められます。

背面をガラスにしたのはケーブルを使って充電しなくてもいいようにしたためです。背面の部分から充電できるようになって今までの充電のやり方が大きく変わりました。
この部分が使えなくなるようなスマートフォンカバーは避けたいところです。


最近多いのが透明のソフトカバーです。


iPhoneXのデザインのかっこよさをアピールしたい人にとってはそれが一番です。手帳タイプのメリットは画面が傷つかないなどがありますが、ソフトカバーの場合はこれに強化ガラスをつければそれだけで十分です。



デザインを邪魔することなく、使えます。

大きさ自体は今までとそこまで変わらないため、握りにくいなどのことはあまり感じません。

気をつけるべきは滑りやすさであり、そうした意味ではグリップしやすいものもおすすめです。



スマートフォンカバーにもお金を使うことでうっかり落として騒動になることを防げます。