iPhoneXは前評判どおり、魅力的な機種

アップル社が2017年11月から販売しているiPhoneX。
予想通り、iPhoneシリーズの中でもヒットモデルとなりそうな勢いがあります。

画面が広く綺麗になったことや、FaceIDという顔認証機能が付いたことがユーザーから高い支持を得ています。iPhoneXの画面のサイズは5.9インチもあり、一回りボディが大きいiPhone8Plusが5.5インチであることを考えると、画面の広さは一目瞭然です。
ポケットにも収納できるボディサイズであるにも関わらず、大きな画面が楽しめるのはiPhoneXならではの特徴です。

重さも174gと軽いため、持ち運びの負担は少ないと言えます。



おまけに有機ELが搭載されたことによって、画面が他のiPhoneシリーズに比べると明らかに綺麗になりました。

大きな画面で美しく鮮明なディスプレイは、スマートフォンの大きな革命と言っても過言ではありません。



有機ELは目への負担軽減や電池の消耗を減らすメリットもあるため、非常に魅力的です。

話題の新機能、顔認証機能に迫ります。

日本経済新聞に対する期待が寄せられています。

FaceIDは従来のTouchIDのように指を当てる必要がなく、本体に目を見開いて正面から見れば認証されます。


手が濡れているケースには便利ですし、目を開かなければ認証されないので、寝ている間に勝手に起動する心配もありません。

また、FaceIDはTouchIDを上回る正確な認証を特徴としていますから、誤って認証されるリスクがほぼありません。
このように、iPhoneXはディスプレイの美しさや顔認証機能という新しい機能を搭載した最先端のスマートフォンです。

インターネット上では、iPhoneXに変更したいという声が続々と上がっています。